トップ

インプラントの虫歯予防

虫歯予防をするために

インプラントのメンテナンス

インプラントは材質的に虫歯になることはありません。しかし手術後は、人工歯根を支えている骨を溶かしてしまう歯周病の予防・治療をすることが重要になります。そのため、3ヶ月から6か月に1回くらいのペースで歯科に検診へ行くことが必要です。その際に、メンテナンスとしてインプラントの周辺に炎症が発生していないか、かみ合わせのバランスに問題がないかのチェックをしてもらいます。かみ合わせが変化すると過度の力がかかり壊れる原因となるため、定期的にメンテナンスをすることは、とても重要なことだといえます。せっかく高いお金を出したので、アフターケアを怠らないようにしましょう。

インプラントのメンテナンス

インプラント治療後のメンテナンスについては担当の医師から指示がありますが、3ヶ月~6ヶ月に1回程度のペースで検診を受けると、長持ちさせる事が出来ます。材質的に言えば歯を埋め込んだ場所が虫歯になる事はありませんが、だからといって手術を受けた後に放置するのはよくありません。インプラント後の検査では、噛み合わせに問題がないか周囲に炎症が発生していないかなどといった点についてチェックします。違和感がない場合もあれば噛み合わせで異常を感じる場合もありますので、細かくチェックをしていただきます。せっかく埋め込んだものを除去しなくていいようにするためにも大切な事なので、怠らないようにしたいものです。

↑PAGE TOP